髪がパサパサになる原因と髪のパサつきの改善方法

query_builder 2022/02/15
コラム

髪がパサパサで悩んでいる方は多くいるかと思います。
「なかなか髪の毛がまとまらない」「ツヤのある髪の毛を手に入れたい」
などで悩んでいる方に、髪がパサパサになる原因と髪のパサつきの改善方法についてご紹介します。

▼髪がパサパサになる原因
■カラーやパーマなどからのダメージ
カラーやパーマをすることで、髪の毛のキューティクルにダメージを与えてしまいます。
これによって髪の毛傷んでしまい、パサパサになってしまいます。

■髪内部の水分不足・乾燥
パサパサの髪は髪の毛が水分不足になり乾燥している状態といえます。
髪の毛を濡らしたままにしておくとキューティクルが開いたままの状態になります。
開いたままにしておくと髪の毛の乾燥の原因になります。

■紫外線によるダメージ
髪の毛も肌と一緒で紫外線のダメージを受けており、髪の毛が日焼けしてしまうのです。
髪の毛だけでなく頭皮にもダメージを与えてしまいます。

■ヘアアイロンやドライヤーでのダメージ
ヘアアイロンやドライヤーの熱でキューティクルがダメージを受けてしまい、髪がパサパサになる原因に。

▼髪のパサつきを改善する方法
髪のパサつきを改善するためには、トリートメントやへパックを使って髪に栄養や潤い成分を与えることが大切です。

・髪の毛が濡れた後はしっかり地肌から乾かしてあげる
・紫外線から髪を守るために防止や日傘を使う

なども効果的です。
ヘアカラーやパーマなどの髪にダメージを与えるものは美容師としっかりと相談しながら行うことをおすすめします。

▼まとめ
髪がパサつく原因を知って少しでも意識してケアしてあげることで髪のパサつきを防ぐことができます。
訪問美容レガロでは、自宅や施設に訪問し施術を行います。
美容室さながらのシャンプーをはじめ、カラー、パーマ、ヘアトリートメント、ヘッドスパなど幅広くご提供しております。